13日、ロイター通信によると、米フロリダ州オーランドのナイトクラブで12日に起こった銃乱射テロ事件について、米大統領選で共和党の指名を獲得したドナルド・トランプ氏は、オバマ大統領が「イスラム過激派」という言葉を使っていないことを批判した。資料写真。

写真拡大

2016年6月13日、ロイター通信によると、米フロリダ州オーランドのナイトクラブで12日に起こった銃乱射テロ事件について、米大統領選で共和党の指名を獲得したドナルド・トランプ氏は、オバマ大統領が「イスラム過激派」という言葉を使っていないことを批判した。

12日にフロリダ州オーランドのナイトクラブで発生した銃乱射事件では、容疑者を含む50人が死亡した。容疑者は過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を口にしていたと報道されている。トランプ氏は13日、NBCの番組でインタビューに応じ、「オバマ大統領は今何が起きているかを見たくないのだ」と述べ、「イスラム過激派」と言葉を使わないことを批判した。また、前日には、自身が主張してきたイスラム教徒の一時入国禁止について、改めて必要性を主張した。民主党から指名を獲得するヒラリー・クリントン前国務長官はMSNBCのインタビューで、テロ対策を強化する必要性を主張する一方で、「宗教全体に対して悪者扱いしたり、扇動したり、戦いを宣告することはできない。それは危険なことだ」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ヒラリーは大統領に全くふさわしくないことを証明している。貪欲な彼女にとって国家の安全は二の次だということだ」

「オバマ大統領によると、地球温暖化が私たちにとって最大の脅威だそうだ」

「ヒラリー、あなたの仕事は米国市民を守ることだ。つまり、憎悪を持ち、殺害すると誓うような人々に対して立ち向かうことだ。私たちは演説する人ではなく、行動する人が必要だ」

「ヒラリー・クリントン氏は、イスラム過激派に対抗するのではなく、私たちから銃を取り上げようとするだろう」

「宗教全体を悪者扱いすべきでないというクリントン氏の主張は正しいが、明らかな事実を無視するよう求めることは間違っている」

「クリントン氏が正しい。イスラム教徒に対する差別は容認できないし、違法だ」

「私たちは悪魔を悪者扱いできないのか?頼むよ」

「つまり、クリントン氏は米国人よりもイスラム教徒を選ぶということか?大統領にはふさわしくない」

「クリントン氏は国家安全を守るべきだと言っている。賛成だ。そのために最善なのは、彼女を政府のいかなるポジションにも就かせないことだ。特に大統領にね!」(翻訳・編集/蘆田)