広島DF塩谷司がリオ五輪のU-23日本代表OAに内定「光栄に思います」

写真拡大

▽サンフレッチェ広島は14日、DF塩谷司(27)がリオ・デ・ジャネイロ五輪に臨むU-23日本代表にオーバーエイジ選手として内定したことを発表した。

▽手倉森誠監督率いるU-23日本代表は、今年1月に行われたリオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権で見事に優勝。しかし、ディフェンスラインにケガ人が続出。センターバックではDF奈良竜樹(川崎フロンターレ)、DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)が負傷している。塩谷はクラブを通じてコメントした。

「オーバーエイジ枠で選んでいただき光栄に思います。自分にできることをピッチ内外で全力で行い、日本の勝利のために戦います。応援をよろしくお願いいたします」

▽塩谷は2014年に日本代表に選出され、ここまで2試合に出場。今シーズンの明治安田生命J1リーグでは14試合に出場していた。