写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本生命保険相互会社は6月13日、「父の日」に関する調査結果を発表した。調査は5月1日〜26日、同社の契約者専用「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューアンケート訪問者1万973名を対象にインターネットで行われた。

「『父の日』にプレゼントを贈りますか?」と聞いたところ、「贈る」と答えた人は48.9%だった。その割合は年々減少しているという。一方で、プレゼントを「贈る」と回答した人の9割以上は「昨年も贈った」と回答している。

プレゼントの予算を聞くと、「3,000円〜5,000円未満」が35.4%と最多。次いで「5,000円〜1万円未満」と続く。昨年との比較では、7割を超える人が「昨年と同じ」と回答した。

プレゼントを「贈る」と答えた人にプレゼントは何を贈る予定か、また贈られる側の人にプレゼントは何がほしいか聞くと、いずれも「食事・グルメ」が1位に。「衣類」「酒類」は贈る予定に比べて、ほしい人は少なかった。

今までもらったもので最もうれしかったプレゼントは、1位「手紙・メール・家族が描いた絵」、2位「食事・グルメ」、3位「現金・金券」、4位「衣類」、5位「酒類」となった。

プレゼントを贈られる側にプレゼントの希望金額を聞くと、「金額にこだわらない」と回答した人が最も多く27.4%となった。昨年は、「3,000円未満」と「3,000円〜5,000円未満」を合計すると過半数を占めていたが、今年は約1割減少し、希望金額は上昇傾向にある。

「父親にしたい有名人」は、1位所ジョージ、2位長嶋茂雄、3位加山雄三、4位イチロー、5位王貞治、6位北野武、7位関根勤、8位高倉健、9位渡辺謙、10位明石家さんまだった。