写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は6月14日、ACサーボドライブやモーションコントローラ、産業用ロボットなどの高精度なサーボシステムやコントローラの開発に適した「RZ/T1モーションコントロール・ソリューションキット」を6月末から順次発売(国内は7月末予定)すると発表した。

同ソリューションキットは、高機能・高性能MPU「RZ/T1」を搭載したインバータ制御基板と、2個のサーボモータの駆動が可能なインバータ基板、評価用のモータや開発用のツール、モータパラメータの調整やモーション・コントロール動作が可能なユーティリティツール、制御用ソフトウェアなど、モーションコントロールシステムを開発するために必要となる環境をワンパッケージに同梱。開梱からわずか30分程度で評価をはじめることができるほか、基板の設計情報や制御用ソフトウェアのソースコードなども同梱しているため、システム開発の際にこれらを参考にすることにより、開発工数・費用を削減し、開発期間を3〜4カ月短縮することができるとしている。

ルネサスは「高性能MPU『RZ/T1』および、この新しいソリューションキットによって、産業機器の高性能化、高精度化に貢献するとともに、今後も工場の生産性の向上に向けたソリューションの提供をしてまいります」とコメントしている。

(神山翔)