写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂は6月10日、「博報堂こそだて家族研究所」が小学生ママにフォーカスし、こそだて世帯の消費とお金事情についてまとめたレポートを発表した。調査は3月2日〜9日、同居している小学生の子どもがいる20〜49歳の女性1,428名を対象にインターネットで行われた。

小学生ママに子どもへのおこづかいについて聞いたところ、「定期的にあげている」ママは、低学年が14.7%、中学年29%、高学年では41.2%。高学年では月々のおこづかいの額が平均898円で、内38.9%のママが子どもの好きに使わせていることがわかった。