フランスの国民的イラストレーター「アラン・グレ」の世界初作品集が刊行 / 色使いやタッチがめちゃくちゃカワイイのだ!!

写真拡大


1960〜1980年台に数多くのシリーズ絵本を発表し、今もなおグラフィックデザイナーとして現役で活躍するフランス人イラストレーター・絵本作家のアラン・グレ。

彼の世界初となる作品集『アラン・グレのデザイン』が先日刊行されました。

絵本原画や挿絵・装画、広告、イラスト集などを多数収録。独特の色使いやイラストがかわいく温かみがあって、初めて見る人もファンになっちゃうこと間違いナシ!

【アラン・グレの魅力をこの一冊に】

今回の作品集では、「絵本原画 / 絵本&ゲーム 版下&色校 / ラフ・絵コンテ / 挿絵・装画 / 広告 / イラスト集」というカテゴリー別に、作家本人が所蔵する貴重な原画&ラフスケッチも数多く収めています。

「1969年の電力会社キャンペーンポスターで描かれているマスコット・VIRVOLT(ヴィルヴォルト)くんは、広告イラストレーターの大先輩、レイモン・サヴィニャックを意識して太めの黒い線で縁取られている」といった制作裏話のほかに、「色について」「仕事のスタイル」などをテーマに語る、貴重なロングインタビューの掲載もあり。アラン・グレの魅力をとことん堪能できる一冊となっています。

表紙からしていくつものイラストが楽しめるので、お部屋のインテリアとして飾るのもよさそう。価格は2800円(税抜)とちょっとお高めですが、お洒落でポップでキュートな雰囲気が好きな人は買ってみて損はないハズです。

参照元:パイ インターナショナル、PR TIMES
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る