子どもたちの言葉の「脳力」は高い

写真拡大

外国語を話すバイリンガルの子どもは、脳が活性化し学習能力が高いことは多くの研究で知られているが、標準語に加えて方言を話す子どももバイリンガル並みに「脳力」が高いことが明らかになった。

英ケンブリッジ大学のチームが研究をまとめ、認知心理学誌「Cognition」(電子版)の2016年4月27日号に発表した。

認知能力が高かったのは...

研究チームは、東地中海に浮かぶ島国キプロスの子どもたちを対象に、方言の使い分けが子どもの認知能力に与える影響を調べた。キプロスは、古代からペルシャやギリシャ、ローマ、イギリスなど多くの国々から支配を受けた歴史を持ち、現在もギリシャ系やトルコ系など様々な民族が住んでいる。だから言語は多様で、バイリンガルの子どもが少なくない。

公用語はギリシャ語だが、同じギリシャ語の中でも「アテネ語」「クレタ語」「キプロス語」など様々な方言がある。日本の「関西弁」「熊本弁」「津軽弁」のようなものだ。

研究チームは、子どもたちを家庭の経済状況(収入・職業・学歴)や本人の言語能力・全般的知能などを考慮しつつ、次の3つに分けて、詳細な認知能力や学習能力のテストを行なった。

(1)「英語とギリシャ語」「ギリシャ語とトルコ語」など複数の言語(外国語)を話すバイリンガルの子ども(47人)。
(2)同じギリシャ語系の中で、「標準語とキプロス語」「キプロス語とクレタ語」など2つの方言を話す子ども(64人)。
(3)「キプロス語だけ」「アテネ語だけ」など、1つの言語を1つの方言だけでしか話さない子ども(25人)。

その結果、(1)と(2)の子どもたちは、(3)の子どもたちより認知能力は高かったが、(1)と(2)の間ではほとんど差がなかった。2つの方言を話す子どもたちは、バイリンガルの子どもたちと「脳力」の面で、なんらひけをとらなかったのである。日本でいえば、標準語と鹿児島弁を話す子どもは、日本語と英語を話す子どもと変わらないことになる。

「子どもはアイデンティティーのある言葉を大切に」

同大学応用言語学のキリアコス・アントニー博士は「非常にエキサイティングな結果だ!」と喜びながら、こう語っている。

「イギリス英語でも、スコットランド語やウェールズ語などの方言がり、方言を話す人々はこれまでフランス語やドイツ語を話す人々に比べ低くみられてきました。アメリカ英語でもアフリカ系英語を話す人々が下目にみられています。多くの子どもたちは学校では主流の言葉、家に帰ると方言に使い分けています。その時に脳の言語能力のスイッチを切り替えて刺激していますが、それがバイリンガルと変わらない効果をもたらしていることがわかりました。子どもたちは、英語と中国語の両方を学ぶ必要はないのです。自分のアイデンティティーである言葉を、自信を持って話すことが大事なのです」