メルセデス・ベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUV『GLE』次世代モデル、「W167型」初プロトタイプの姿をスクープに成功しました。

1

現行モデルは「Mクラス」がフェイスリフトされたタイミングで「GLE」に改名、日本では2015年に発売されたばかりの新型車。

ですが、「W166型」Mクラス最終型は2011年から発売されているので、タイミング的には早過ぎ、というわけではありません。

厳重なカモフラージュの中にも、次世代型の幾つかの特徴が分かりました。

まず車高が低く、前後フェンダーがワイドになっている他、ルーフエンドもラウンドして、車幅はコンパクトにされているようにも見えます。また、Cピラーと側面のガラス部分が完全に隠されており、ここは大きな変化がありそうです。

プラットフォームには現在最新の「MRA」の後継次世代プラットフォームが採用され、フロントオーバーハングが短縮、ホイールベースが延長されているのもレポートされています。

その他大きな進化は、車重を250kg以上軽量化、20%以上の燃費改善、CD値は現在の0.32から0.30へ向上するという情報です。

ワールドプレミは2018年内の可能性が高いようです。

(APOLLO)

メルセデスベンツGLE次世代型を早くもキャッチ!(http://clicccar.com/2016/06/14/378330/)