しつこい泥汚れからデリケートな素材の衣類、ダブルサイズの毛布まで幅広い洗濯ニーズに応える!(写真は、「AQW‐TW1000E」(左)と「AQW‐VW1000E」)

写真拡大

アクアは、独自に開発した「ツインパルセーター」の搭載で、高い洗浄力と節水を両立した「ツインウォッシュ(R)」シリーズのタテ型洗濯乾燥機「AQW‐TW1000E」と全自動洗濯機「AQW‐VW1000E/VW800E)を、2016年6月8日から順次発売。

独自開発の「ツインパルセーター」は、2枚の羽が強力な水流と大量の循環水を生み出すため、しっかり洗いながらも、標準使用水量を最大約40リットル節水。また、衣類を上下・左右にかくはんして、しつこい頑固な汚れもしっかり落とす。

「衣類おそうじ」機能で、糸くずやうっかり洗ってしまったティッシュも、「ツインパルセーター」がつくる水流と、水流に合わせて左右に動くスイングキャッチフィルターでしっかりキャッチ。また、標準脱水に加えて、脱水回転の強弱が選べる「脱水仕上がり」機能を搭載。厚物の衣類や天候が悪いとき、早く乾かしたいときは「しっかり脱水(毎分約850回転)」で乾きやすく、「やわらか脱水(毎分約400回転)」ではシワを抑えてラクにアイロンがけができるほか、型くずれや布の傷みを抑えることができる。

「AQW‐TW1000E」の「乾燥まっててコース」は、洗濯乾燥運転の洗濯行程の終了後にスタートボタンを押すまで一時停止する機能。「静止コース」は、洗濯槽を回さないで乾燥するので、型くずれする衣類や、ぬいぐるみやクツなども乾燥できる。

「槽自動おそうじ」機能で、洗濯槽の裏側に付着している洗剤カスを洗い流すことで黒カビを抑えるほか、槽内部品は抗菌加工なので清潔に洗濯できる。

ダブルサイズのマイヤー毛布やふとん(毛布4.5キログラム、ふとん1.8キログラムまで)を洗濯できる「ふとん・毛布コース」や、多めの水で丁寧に洗い、綿素材の洗濯物が多い時などにオススメの「ゆったりコース」、約60 分のつけおきで洗剤の力をフルに発揮させ、しつこい汚れを落とす「つけおきコース」を搭載した。

色は、クリアホワイト。

オープン価格。