米ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ全長370キロメートルの高速鉄道建設に向け、中国企業の中鉄国際集団は米企業のエクスプレスウエスト(XpressWest)社と提携していたが、エクスプレスウエストはこのほど、中国企業との提携を「打ち切る」と発表した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 米ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ全長370キロメートルの高速鉄道建設に向け、中国企業の中鉄国際集団は米企業のエクスプレスウエスト(XpressWest)社と提携していたが、エクスプレスウエストはこのほど、中国企業との提携を「打ち切る」と発表した。

 中国国内では提携打ち切りに対して動揺が広がっているが、中国メディアの捜狐は「米国はなぜ中国側との高速鉄道分野における初の協業を打ち切りにしたのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、エクスプレスウエストの突然の提携打ち切りに対し、「さまざまな憶測が広がっている」と伝え、エクスプレスウエスト側は「中鉄国際集団の行動が遅いため」と発表しているものの、最大の問題は「米国政府が高速鉄道を米国内で製造するよう要求し、さらに米当局の許可を得ること」だったと指摘した。

 米国国内ではこれまで高速鉄道が製造されたことはないため、実際に製造するとなればすべてを一から準備する必要があり、相当の時間が必要となることは想像に難くない。また、資金調達も課題の1つだったとし、米国が公的資金を投入するとなれば、米国側の規格を採用することが求められると主張する一方、「中国側には規格に合致する鉄道を作る技術はない」と論じた。

 中国高速鉄道の輸出が頓挫したのは今回が初めてのケースではなく、メキシコでも受注が一旦決まった後に取り消しになった。さらにベネズエラでも中国が手掛ける高速鉄道事業はすでに頓挫しているほか、タイも中国側の資金を受け入れずに自国の資金で建設すると発表するなど、中国の高速鉄道輸出をめぐる計画は波乱続きとしか言いようのない状況だ。中国は高速鉄道の輸出事業において戦略の軌道修正を迫られている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)