13日、米ABCによると、米カリフォルニア州サンタモニカで12日午前5時ごろ、大量の弾薬や爆弾の材料などを所持し、同州ロサンゼルスのゲイパレードに向かおうとしていた男が逮捕された。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月13日、米ABCによると、米カリフォルニア州サンタモニカで12日午前5時ごろ、大量の弾薬や爆弾の材料などを所持し、同州ロサンゼルスのゲイパレードに向かおうとしていた男が逮捕された。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

逮捕されたのはインディアナ州在住のジェームズ・ハウエル容疑者(20)で、市民から不審人物について通報を受けた警官がハウエル容疑者の乗った車を調べたところ、アサルトライフル銃3丁や大量の弾薬、爆弾の材料などが見つかった。ハウエル容疑者は同日行われたゲイパレードに参加する予定だったと供述しているという。連邦捜査局(FBI)が犯行の動機などについて捜査している。同日未明には、フロリダ州オーランドで同性愛者らが集まるナイトクラブで銃乱射事件があったばかりだが、警察当局によると、2つの事件に関連はないとみられているという。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「同性愛に反対の人たちは、同性愛者たちが集まるナイトクラブやゲイパレードなどに出かけないでほしい。そして、秘密の同性愛の恋人とも別れてほしい」

「パレードに参加する前に逮捕されて良かった」

「男が行動を起こす前に、サンタモニカ警察が彼を捕まえてくれて良かった」

「恐ろしいのは、この国では、邪悪で精神的に不安定な人間も簡単に銃を手に入れられるということだ」

「同じ日に起きた事件だよ?本当に関連はないのか?」(翻訳・編集/蘆田)