写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは13日(米国時間)、ビジネス向けSNS「LinkedIn」を262億ドル(約2兆7千900億円)で買収すると発表した。買収は2016年内にすべて完了する見込み。

LinkedInは、世界で約4億人以上の登録会員を有する、ビジネスに特化したSNSだ。MicrosoftのSatya Nadella CEOは、LinkedInのチームは世界中のプロフェッショナルを結ぶ、素晴らしいビジネスで成長してきたとコメント。買収後もLinkedInのブランドや独立性は保持され、LinkedInのCEOであるJeff Weinerはそのまま同職を続けるという。