速報:マイクロソフト、ビジネスSNS「LinkedIn」2兆7772億円で買収。Instagram、ボーダフォンはいくらで買われたか?(更新)

写真拡大

米マイクロソフトが、ビジネスに特化したSNSである LinkedIn を買収すると発表しました。買収額は日本円にして2兆7772億円($26.2 billion)。

正直なところ、国内では微妙に流行っていませんが、 LinkedIn は世界で4億3300万登録をほこる巨大なビジネスネットワークを築いている、モンスターSNSの1つ。実際、LinkedInを通じて海外でのプレスイベントの案内や、海外企業からのアプローチがあるのも珍しくありません。

そんなLinkedInですが、マイクロソフトは262億ドルの現金で買収。年内にも買収完了予定としています。後半には、FacebookのInstagram買収額や、ソフトバンクのボーダフォン、Sprintの買収額を記載。買収規模がなんとなくわかるようにしました。

なお、買収劇には興味がない! という方のためにお伝えしておきますと、アップルのWWDC速報はもうまもなく。基調講演の模様の日本語中継も実施する予定です。

なお、今回の買収額の規模がいまいちわからない方のために、参考まで。FacebookのInstagram買収が10億ドル、ソフトバンクのボーダフォン日本事業買収は150億ドル、同社の米Sprint買収は216億ドル、米ベライゾンのAOL買収が44億ドルとなっています。いずれも買収当時の市況もあるので、比較できるものではありませんが。

なお、LikedInの経営陣は残留。冒頭の画像にもあるように、今回の買収はOffice 365など、巨大なクラウドサービスを展開するマイクロソフトに欠けていた、ソーシャルを介したリーチ力をLinkedInから手に入れる、そんな意図が見えます。

おまけ:動画もありました。