11日、第19回上海国際映画祭のオープニングセレモニーに登場した中国の女優ヴィッキー・チャオが、セクシーなドレス姿で注目された。

写真拡大

2016年6月11日、第19回上海国際映画祭のオープニングセレモニーに登場した中国の女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)が、セクシーなドレス姿で注目された。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

11日にスタートした第19回上海国際映画祭では、時計ブランド「ジャガー・ルクルト」主催のパーティーに、映画「レッドクリフ」などで知られる人気女優ヴィッキー・チャオが登場。胸元がはっきりと見えるセクシーなドレス姿で現れ、普段は素肌を見せることがほとんどないだけに、集まった人々の目を奪った。

ヴィッキー・チャオが着用したのは、アレキサンダー・マックイーンの16年秋冬物のドレス。バッグはロジェ・ヴィヴィエ、ハイヒールはジュゼッペ・ザノッティと人気ブランドを取りそろえている。美しいドレス姿にネットユーザーからは、「間違いなくこの日のトップ美女」「胸もニセモノ感がなくていい」などと絶賛の声が上がっている。

ヴィッキー・チャオは13年の映画「So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜」で監督デビューし、中国だけで興行収入7億元(約114億円)を稼ぐヒットを記録。現在、注目の2作目「沒有別的愛」の制作に取り掛かっている。(翻訳・編集/Mathilda)