なぜ…?ママ友に嫉妬してしまう理由

写真拡大

ママ友トラブルの原因になる「嫉妬」。おそらく自分でも、なぜママ友に嫉妬してしまうのか、ハッキリと理由がわかるママは少ないと思います。では、いったいなぜママ友に嫉妬してしまうのでしょうか?

●ママ友に嫉妬 2種類あった?

実は、「嫉妬」という感情は、誰にでもある感情なのだとか。大人だけでなく、赤ちゃんでも抱くそう。また、一般的に、妬み(ねたみ)や嫉妬という感情は、2種類あると言われています。

□嫉妬の種類

・「自分が持っていないものを奪いたい」という何かを得たい感情

・「誰かに取られてしまうかも…」という守る感情

「何かを得たい感情」の例を挙げるとすれば、「不倫」がわかりやすいかもしれません。自分のなかに、「ママ友の旦那はうちの旦那よりも優しくて、イケメン」という考えがあったとします。それが、「私は持っていないのに、なんでママ友は持っているの?」という嫉妬に変わる。そして、最終的に「奪ってやりたい」となります。

さて今度は、「守る感情」を「悪口」で例えてみましょう。ママ友付き合いにおいて、ママ友を独占しようとするママがいますよね。そのママの心のなかで、「私のママ友が他のママと仲良くしている」という思いが、「あの人にママ友を取られてしまう」という危機感に変わり、最後には「悪口や噂話を言い触らして、孤立させてしまえ!」という結論に行きつきトラブルに発展してしまうのです。

●ママ友への嫉妬の原因!

嫉妬をしてしまう原因として挙げられるのは、おもに3つのマイナス思考です。3つのマイナス思考とはいったい?

□嫉妬の原因になるマイナス思考

・ママ友との比較

・自信のなさ

・不安

とくに注意したいのは、ママ友との比較ではないでしょうか? 勝手にママ友と比較して、「敗北感」を感じる。はじめに説明しましたが、その敗北感が「なんで私にはないものをママ友が…?」という嫉妬に変わります。一度冷静になってみてください。その勝敗は、いったい誰が決めたのでしょうか? それは自分ですよね。言い方によっては、自分で自分を苦しめているということにもなるのです。

子どもの成長や成績、運動神経で比較するママが多いと思います。しかしそれは、勝敗をつけるべきことではありません。それぞれの家庭で、それぞれのペースで進めていくのが子育てです。ママ友と比較する回数が減っていけば、嫉妬してしまう回数も減っていくのではないでしょうか?

(文・明日陽樹/考務店)