サボるとみるみるオバ肌に…!10年後も美肌を保つ「メイク落とし」テク

写真拡大 (全3枚)

シーズンごとにお気に入りのメイクアイテムを手に入れると、どんな風に使いこなそうかと夢中になってしまう女性は多いですよね。それももちろん楽しいですが、“美肌”という観点から考えると、しっかり落とすことがなによりも大事。

わたしたちの毛穴からは、絶えず皮脂や汗が分泌されており、そこにメイクの汚れや、チリやホコリなどの環境汚れが合わさることによって、時間とともに”酸化”してしまいます。そして、こうした汚れがきちんと落としきれずに毛穴などに残ってしまった場合、毛穴詰まりを起こし、あらゆる肌トラブルの原因に……。メイクを毎日する大人の女性ならなおさら、1日の終わりにはしっかりと顔の汚れもきちんと取り去ることが必要です。

そこで今回は、メイクアップアーティストである筆者が、大人美肌を手に入れるための「落とすケア」についてご紹介します。

■オイルにミルク、クリーム… オトナが選ぶべきクレンジングは?

クレンジングは、サッと済ませたい人が多いのではないでしょうか。そのためには、ウォータープルーフタイプのアイテムも一度に落とすことができる“クレンジングオイル”を選びがち。洗浄力が強いため短時間で汚れを落としやすい“クレンジングオイル”ですが、大人女性にとっては取り扱いに気をつけたいテクスチャーなのです。

洗浄力が高いと、汚れだけではなく、肌の潤いのために必要な皮脂や水分までも取り去ってしまうため、肌はどうしても乾燥気味に傾いてしまいます。

そのため、少し時間はかかりますが、肌への負担を考えると、保湿しながらクレンジングができる“ミルククレンジング”や“クリームクレンジング”がオススメです。

■面倒くさくても「部分クレンジング」は必須

ついつい面倒くさくて一気に顔全体をクレンジングしてしまいがちですが、目元や口元のポイントメイクは、ポイントメイクアップリムーバーを使った部分クレンジングが必要。ファンデーションなどより残りがちな部分メイクの汚れが蓄積されると、目元のくすみの原因にもなりかねません。

忙しいときには「一刻も早く眠りたい……」なんて思って、つい手抜きになりがちなクレンジング。そんなあなたは、クレンジングを1つの“リラクゼーションタイム”と位置付けてみてはいかがでしょうか。

クレンジングでも、じわっと温かさを感じられるものや、香りのよい商品も発売されています。お気に入りのクレンジングを見つけて、自分の肌と対話し、一日の頑張りをねぎらってあげる時間にできたら、明日への活力につながるはずですよ。

【筆者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

【画像】

※ gpointstudio,Anna Ok,Marko Marcello / Shutterstock