研究が裏づける、ティーンエイジャーの脳の「いいね」依存

写真拡大

ソーシャルメディアを使う10代の脳を観察した米大学の研究チームは、彼らの脳の「依存症と関係する部位」が活性化されることを明らかにした。「いいね!」は、タバコやギャンブルと同じ影響を脳にもたらすのだ。

「研究が裏づける、ティーンエイジャーの脳の「いいね」依存」の写真・リンク付きの記事はこちら

ソーシャルメディアを使う10代の若者は、ギャンブルやチョコレートなどへの依存症と関係する脳の部位「側坐核」が特に活性化される場合があることが明らかになった。

カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)が行った研究では、13〜18歳までの若者に「Instagram」に似たソーシャルメディアを使わせ、そのときの若者の脳を調べた。

実験に参加した若者は、自身が提供した写真40枚を含む148枚の写真を10分間閲覧。そのときの彼らの脳が、fMRIでスキャンされた。それぞれの写真には、実験に参加したほかのメンバーが送った(「いいね!」などの)インタラクションの数が表示されたが、実際には、その数は研究者が割り当てたものだった。

『Psychological Science』に掲載された論文の筆者ローレン・シャーマンによれば、自分の写真に「いいね!」がついているのを見た若者は、「脳の広範囲にわたって活性化が見られた」という。

RELATED

「特に活発だった部位は、『側坐核』と呼ばれる線条体の一部です」とシャーマン氏は説明する。側坐核は、脳の「報酬系回路」をなす部分であり、青年期には特に敏感だという(報酬系とは、欲求が満たされたときに活性化し、快感を与える神経系のこと。ラットの側坐核を、そのラットがレヴァーを押すたびに電気で刺激する実験を行ったところ、摂食や飲水もせずにレヴァーを押し続けるという行動が観察されており、この領域が脳の「快楽中枢」であることが示唆されている)。

「参加した若者の半分には『いいね!』がたくさんついた写真を、残りの半分には『いいね!』が少ししかついていない同じ写真を見せました」とシャーマンは説明する。「『いいね!』がたくさんついている写真を見た若者は、その写真を好きになる傾向があります。彼らは、たくさんの仲間に支持されていると感じるか感じないかで、写真に対して異なる反応を示すのです」

「今回の研究では、あくまで一緒に実験に参加した『仮想の友人』からのリアクションを受け取っていたにもかかわらず、若者は『いいね!』の数に影響を受けていました」と、研究者のひとりであるUCLAの精神医学教授ミレッラ・ダプレットは言う。「現実の社会では、その効果はさらに大きくなると考えるべきです。自分にとって大切な人たちが『いいね!』をつけてくれるのですから」

405

脳の冠状断面のMRI画像。赤く囲まれている箇所が側坐核。若者の脳は、タバコやアルコール、そのほかの刺激的な画像を見たときにも、中立的な写真を見たときと比べて活性化された。PHOTO: WIRED UK