【心理テスト】長々と続く会話の切り上げ方でわかる、あなたの大胆さ

写真拡大

 人とのおしゃべりは本来楽しいものですが、延々と自分の話ばかりし続ける人が相手だと、苦痛に思えてしまいますよね。今回は、そんな人への対処法から、あなたの心理を紐解いてみましょう。

【質問】
 長話をする人を前に、うんざりしています。どうやって、話を切り上げますか?

A:「用事を思い出しました!」と言って立ち去る
B:「トイレに行ってきます」と言う
C:「あっ、もうこんな時間!」と言って話をさえぎる
D:我慢して話を聞き続ける

 あなたはどれを選びましたか? では結果をみていきましょう。

【診断できること】
「あなたの大胆さ」
 人の話を中断させるのは、勇気がいること。それをどれだけ堂々とやってのけるかで、あなたの大胆さがわかります。

■A:「用事を思い出しました!」と言って立ち去る……かなり大胆不敵
 あなたは、かなり大胆不敵。人のことをさほど気にかけることなく、自分の思い通りに行動できるようです。自信と勇気に満ちあふれていて、ピンチをうまく切り抜けられる才覚を持っています。何ごとも恐れることなく、どんな困難を目の前にしても、強い気持ちで乗り越えていけるでしょう。

■B:「トイレに行ってきます」と言う……やや大胆
 あなたは、まずまず大胆です。このままではいけないと思ったら、それを改善するべく動くことができるでしょう。やや人に気を使う傾向はありますが、たいていの場合、自分の思い通りにことを進めていけます。勇気ある行動がとれるので、こうすればよかったと思い後悔することはほぼないでしょう。

■C:「あっ、もうこんな時間!」と言って話をさえぎる……あまり大胆さはない
 あなたには、あまり大胆さがありません。気が弱くて勇気ある行動がとれないことがよくあるようです。こうしたいけれど、人に変に思われたらどうしよう……。誰かに迷惑をかけたりしないだろうか……。そんなことをつい気にし、ビクビクしてしまうのではないでしょうか? 結局、周囲に合わせて控え目に振る舞うことが多いでしょう。

■D:我慢して話を聞き続ける……臆病者
 あなたは、大胆なところがまったくありません。大胆に行動したいとは思うものの、恐れる気持ちのほうが強く、尻込みしてしまうようです。失敗するのが恐くて、結局何もできず、後になって悔しい思いをすることが多いでしょう。ときには、勇気を出してやりたいことをやり、言いたいことを言うようにしないと、いつのまにか幸せを逃してしまいますよ。

 人は大胆に動いてこそ、ピンチから脱出することができますし、なりたい自分になることができます。度胸があり、何ごとに対しても恐れない大胆な人を、ぜひ目指してみましょう。
(紅たき)