写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイハツ工業は13日、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」を発売した。人の働きやすさを中心に考えた新ジャンルの軽商用車で、「はたらく 楽ラク」をコンセプトに、人の働きやすさを「6つの楽」として実現している。

新型軽商用車「ハイゼット キャディー」は、さまざまな業種の軽商用車ユーザーにヒアリングを行い、その結果、荷物優先のクルマづくりから「人の働きやすさ」へと発想を転換して開発されたという。

同車はダイハツが軽乗用車で培った、広さと使い勝手の良さを追求したFFレイアウトパッケージを採用することで、高い静粛性とゆとりのある運転空間、一定程度の積載容量を確保した使い勝手の良い荷室を実現している。軽乗用車で進化を重ねてきた低燃費技術や操縦安定性に加え、軽商用車で初めてカメラとソナーセンサーを搭載した衝突回避支援システム「スマートアシスト II」も採用した。

おもな特徴となる「6つの楽」は、乗降性に優れる足もとフロア・シート高の「楽ラク ノリオリ」、積載性に優れる荷室フロア高の「楽ラク ツミコミ」、最新の安全装備である「スマートアシスト II」を採用した「楽ラク アンシン」、高い静粛性とゆとりある運転空間・操縦安定性・低燃費による「楽ラク ドライブ」、掃除がしやすい樹脂性の荷室フロアを採用した「楽ラク セイケツ」、ユーザー用途に合わせた豊富なカラーやパックオプションを用意した「楽シク カラフル」となっている。

新型軽商用車「ハイゼット キャディー」の価格は118万8,000円〜154万4,400円(税込)。6月13日から全国一斉に販売開始される。

(木下健児)