台東県政府提供

写真拡大

(台東 13日 中央社)東部・台東県の名物イベント「2016台湾国際熱気球フェスティバル」が7月1日から8月7日まで開かれる。開幕日は台湾最多となる30個のバルーンの同時打ち上げに挑戦。各地から訪れた見物客を魅了する。

同イベントは2011年から毎年開催されており、今年で6回目を数える。昨年は70万人の見物客でにぎわった。

今年は初めて国際熱気球コンペティションを実施。そのほか、ユニークなデザインが施されたバルーン15個もお目見えする。台東県政府はその一部のバルーンについて、中国語名をイベントの公式フェイスブックページで募集している。

(盧太城/編集:名切千絵)