キウイを脱毛してみた

写真拡大

そろそろ夏も近づく今日このごろ、皆様いかがお過ごしですか。

夏と言えば、アレですよね。

脱毛の季節ですよね

ワキに、スネに、全身に、汚らわしく生え散らかすモジャモジャのムダ毛。許せません。
人類が獣から進化して全身を覆う体毛が徐々になくなっていったとするならば、ムダ毛は野生の残滓であり、人が下等な生物であった時代を思い起こさせる唾棄すべき存在。

このようなことを踏まえると、ムダ毛を処理するのは理性的であろうとする現世人類にとって当然のことであると言えましょう。

ノーモア無駄毛!

ムダ毛死すべし!

そんなわけで、本日は、

キウイを脱毛したいと思います

■この記事の完全版(全画像付き)を見る

え?だってほら、キウイってなんか持つと微妙にチクチクして嫌やん?

ムダ毛処理したつるっつるのキウイってどんなんか確認してみたいやん?

そんわけで、おそらく史上初!(だれもワザワザやらないから)

ムダ毛というムダ毛を剃りあげたキウイが……、

コチラ!

……。

うーん、なんだろう、

(処理前)

(処理後)

なんとなくじっと見てると不安になるな。

毛のない犬見た時の不安感というか、あるべきものがない違和感っていうか。

ムダ毛処理したっていうよりも、なんか罰ゲームで丸坊主にされたみたいで、罪悪感を感じてしまいます。

ちなみに肌触りですが、めっちゃつやつやになるかと思いきや、ムダ毛の根本の部分が皮と一体化してて剃れずに、指でなでてもザラザラ感が結構残っています。

うーん、

キウイは鮫肌だったかぁ

なんか毛があることで隠れていたお肌の真の状態を晒してしまったみたいで悪いことしたな。

そんなわけで、本日の結論。

キウイの毛を剃るとなんとなく可哀想なんでやめてあげて!!

●おまけ

あ、ちなみに毛を剃った本当の理由ですが、キウイって本場(ニュージーランドとか)では皮ごと食べられてるって聞いたんで食べてみようと思ったけど、毛が気になるので剃って食べようと思っただけです。

皮ごと食べた感想は、

(すっぺええええ!!)
皮、超酸っぱいです

あと、毛を剃ろうが口当たり超悪いので、キウイは素直に皮剥いて食べたほうがよいと思います。

(いまトピ編集部 大住有)