寝つきの悪い赤ちゃんは放っておこう

写真拡大

赤ちゃんを寝かしつけようとしても、なかなか寝てくれない。やっと寝ついたかなと思ってもベッドに置いた途端、泣き出してしまう――。

多くのママやパパが経験するこんな悩みの一番の解決方法は、「泣いても放置すること」であることが、オーストラリア・フリンダーズ大学小児医学のチームの研究で明らかになった。米の小児医学誌「Pediatrics」(電子版)の2016年5月24日号に発表された。

結局「寝るまで待とうホトトギス」だった?

赤ちゃんは、その子によって寝つきやすい方法があるし、必要な睡眠時間がまったく違うため、寝かせ方は親によって様々だ。たくさんの方法があるが、研究チームは豪州や米国で一般に推奨されている代表的な2つの方法を比較することにした。「泣いても寝るまで放置する」(graduated extinction)と「寝かせる時間を徐々に遅くし眠り込ませる」(bedtime fading)である。

生後6か月〜1歳4か月の赤ちゃん43人(男の子16人・女の子27人)と母親に協力してもらい、次の3つのグループに分け、1年間続けてもらった。

(1)「泣いても寝るまで放置する」(14人):慣れるまでは、乳児が激しく泣いた場合、親のベッドに入れてもいいが、1分以内に子どものベッドに戻す。乳児が泣いても部屋の明かりはつけない。だんだん泣きっぱなしのままベッドに放置するようにする。

(2)「寝かせる時間を徐々に遅くする」(15人):乳児が寝付くまでに30分以上かかった場合は、次は就寝時間を15分遅らせる。そのようにして徐々にベッドに入れる時間を遅らせていく。

(3)「今までどおりの方法をとる」(14人):これは(1)(2)と比較するための対照グループ。研究チームから乳児の睡眠についての知識は受けるが、(1)(2)の方法をとらず、基本的に今までの寝かしつけ方を継続する。

3つのグループの母親は、赤ちゃんが寝付くまでにかかった時間を測って記録した。また、赤ちゃんと母親がどれほどストレスを感じたかを調べるため、1日に2回、赤ちゃんの唾液を採取し、ストレスホルモンであるコレチゾールの量を分析した。母親には自己申告のストレスチェック試験を行なった。

1年後、3つのグループの赤ちゃんが寝付くまでにかかった時間を比較した。すると、「泣いても寝るまで放置する」グループは、「今までどおり」のグループに比べ、平均で13分短縮し、赤ちゃんが夜間に起きた回数も減っていた。しかし、「就寝時間を遅らせる」グループは、「今までどおり」のグループに比べ、約10分短縮したが、夜間に起きた回数は同じ程度だった。また、赤ちゃんや母親のストレスは、3つのグループの間で特に差はなかった。3つのグループ全員が、1年前により睡眠状況が改善され、ストレスも減っていた。

赤ちゃんの仕事は泣いて親を起こすこと

研究チームのマイケル・グラッドスター博士は「赤ちゃんを眠らせる魔法の方法などなく、放っておくのが一番だということがわかりました。赤ちゃんは泣いて親を起こすのがルーティン・ワーク(日常習慣)になっているのかもしれません。よく言われるように、放ったらかしにすると赤ちゃんのストレスが増えるということはありませんでした。むしろ、寝付くのが早くなり、ストレスが減っています」とコメントしている。