PRムービー舞台の麺店を再現  統一麺、期間限定で創作メニューを提供/台湾

写真拡大

(台北 13日 中央社)食品大手、統一企業傘下のインスタント麺ブランド「統一麺」は今月上旬、シリーズ合計1500万回以上の再生数を記録したPRショートフィルム「小時光麺館」の舞台となる麺店を、台北市内のセブン-イレブン(統一超商)店舗内に初めて再現した。6月の土日限定で、創作メニューの試食イベントを行う。

統一麺は昨年1月から同3月にかけて、「小時光麺館」の第1〜5話を動画投稿サイト「ユーチューブ」上で公開。麺店を訪れる客のそれぞれの物語と登場人物の細やかな心の動きを客観的に表現し、大きな話題を呼んだ。好評を受けて、今年2月からは第2シーズンとしてさらに5話を配信した。

試食イベントは6月4、5日に初めて開催され、18、19、25、26日にも行われる。

(陳政偉/編集:名切千絵)