若い頃の関根恵子が表紙飾る「アサヒカメラ7月増大号」特大号

写真拡大

今年4月に創刊90年を迎えたアサヒカメラの「アサヒカメラ7月増大号」巻頭特集が「ヌードの90年」というタイトルで、戦前から平成にかけてヌード写真がどう撮影されてきたかをグラビア&記事で計53ページに渡ってプレイバックする内容であることがわかった。

[動画]高橋惠子との共演に高田純次、赤飯炊いて喜んだ

この巻頭特集では、野島康三氏が撮影した貴重な戦前の作品から、土門拳氏、大竹省二氏、植田正治氏、立木義浩氏、沢渡朔氏の名作まで一挙公開となる。

注目は秋山庄太郎氏が撮った若き頃の女優・関根恵子(高橋恵子)や篠山紀信氏が撮った宮沢りえ。 150万部を超える大ベストセラーになった写真集「Santa Fe」から貴重なカットが登場する。

また、写真界のトップランナーとして約半世紀に渡って君臨し続ける篠山氏が語る「僕がヌードを撮り続けるワケ」。さらに、武田久美子の「貝殻ビキニ」など話題作を次々に世に送り出した“名人”渡辺達生氏、これまで関わった写真集は数百点に及ぶ“達人”山岸伸氏、その背中を追う世代として人物写真を撮り続ける注目の写真家・魚住誠一氏によるスペシャル座談会など、盛りだくさんの内容になっている。

「アサヒカメラ7月増大号」は980円(税込)で6月20日に発売となる。

【関連記事】
小松菜奈が初写真集発売!自分も満足できるものにしたかった
本田翼が初の写真集を出版、セーラー服姿やスッピン素顔も披露しインドア派の素顔全開!
蜷川実花が沢尻エリカを大胆に撮り下ろした『ヘルタースケルター』写真集が登場!
モックンとも共演したい!『レッドクリフ』の絶世美女が、写真集握手会で抱負を語った