「銀座ソニーパーク」のイメージ図(左)と模型

写真拡大

ソニーは2016年6月13日、東京・銀座5丁目にある同社のショールームである「ソニービル」リニューアルを含む「銀座ソニーパークプロジェクト」を発表した。ソニーは1946年に「東京通信工業」として創業され今年が70年目の節目の年。またソニービルは開業50年目を迎えた。

ソニー創業70周年、ソニービル開業50年

発表によると、ソニービルは17年3月31日で営業を終え取り壊される。その後18〜20年の間はその場所を「銀座ソニーパーク」と称する空間として開放。イベントなどが行われるという。

20年秋以降に新ソニービルの建設を開始し22年秋にビルの営業をスタートする予定。

ソニービルは1966年4月29日に創業者の一人、盛田昭夫氏が「東京・銀座の玄関としてソニー本来のショールームとともに、より有意義な建物を建設すべき」との考えに基づき開業。50年間にわたり国内外の訪問客らに親しまれてきた。

ソニービルの営業終了に先立ち、ショールームやソニーストア銀座は16年8月28日に、ソニーイメージングギャラリー銀座は9月8日にそれぞれ営業を終了し、近くの銀座4丁目交差点にある「GINZA PLACE」ビルで9月24日にオープンする予定。

ソニービルがある、「数寄屋橋交差点」では16年3月、銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」がオープンした。