90年代にセンセーションを巻き起こした500万部突破の人気少女コミックを連続ドラマに続き映画化した『MARS (マース)〜ただ、君を愛してる〜』がまもなく公開! 

藤ヶ谷太輔ほどのイタズラっ子はいない!? 『MARS』撮影秘話&ピンクカーペットイベントレポ

6月8日(水)に開催された試写会で上映後に回収されたアンケートでは10代女性を中心に、映画の満足度で「100点」をつける観客も目立った。だが、その内容に関しては、藤ヶ谷太輔派と窪田正孝派に支持が分かれたほか、主要登場人物の「誰」の視点で見るかによって感想コメントの傾向や好きなシーンが異なるという興味深い結果に! 

カリスマ性と優しさ、そして抑えきれない衝動を抱えた高校生・零(藤ヶ谷太輔)と恋人のキラ(飯豊まりえ)の愛、零の死んだ双子の弟の親友で、零に対し特別な感情と執着を持つ牧生(窪田正孝)の3人を軸に物語は展開するが、まさにこの3人をどういう視点でとらえるかで、同じ満足度100点の観客でも、感想は様々。

まずやはり多かったのが、零とキラが一緒に苦しみや悲しみと向き合い、乗り越えようとしていく姿――「純愛」と呼ぶにふさわしい2人の関係に感動を覚えたという声。特に、劇場版ではこれまで明かされてこなかった、キラの衝撃的な過去が明らかになる。

これまで、自由奔放にふるまいながらも、実は過去の傷を抱えた零の心をキラが溶かしていき、キラ自身も成長していくという部分が大きかったが、今回は零が連ドラ以上にキラを支え、守ろうとする姿が目立つ。

「いろいろあっても、一途な思いは永遠というところがすごくよかった」、「物語が進むにつれて、本当に純粋な愛なんだというのが伝わってきました」、「過去の闇を乗り越えて、頑張る姿がよかったです。キラが危なくなると、いつでも助けに来てくれる零のような恋人ができたら…」という感想や「キラに対する零の優しさにキュンキュンしました! 目が優しくて包み込んでるみたい」といった声が多く見られた。

また、零の強さと優しさに支えられながら、過去を乗り越えていこうとするキラに同性として共感と憧れを感じたという女性も多数。自身、心に深い傷を抱えながらも「キラが、零のことを思って泣いてしまうシーン、それでも向き合おうとするところが素敵でした」といったコメントが寄せられた。

ちなみに本作、藤ヶ谷と窪田がW主演を張っているが、寄せられた感想コメントを見ると、見事なまでに「藤ヶ谷派」と「窪田派」に分かれる結果となっている。

「藤ヶ谷くんがいままで演じてきた役とは全く違う姿を見せている」「藤ヶ谷くんがよかったです! かわいいところもあったし、キラを後ろから抱きしめるシーンがよかった」など、零の変化や成長を藤ヶ谷が見事に体現していると称えるコメントが多数あり、さすがはカリスマ性を備えた主人公といったところ。この存在感を出せるのは藤ヶ谷だからこそ!

一方で映画で、ドラマ版よりもさらに深い牧生の内面――狂気を表現している窪田の圧倒的な演技力を称賛する声も多い。

「闇を抱えている感じがリアル! 窪田くんにしかできない役」、「優しいのにジワジワと怖くなってくる」「窪田くんの演技、怖かったけど、それほど本気だと思うと涙が出てきました」など、主人公と対峙する役柄でありながら、その演技力で観る者を圧倒し、感情移入さえも引き出した。

「デスノート」に「HiGH&LOW」映画「64 -ロクヨン-」と話題作への出演が続くが、二面性を持った男、内にドロドロとした感情を秘めた男を演じさせたら、やはりこの年代ではピカイチ! 窪田の体現した牧生の狂気あってこその零とキラの純愛の輝きといえるだろう。

ちなみに、登場人物だけでなく、アンケートではお気に入りや胸キュンのシーンに焦点を当てた感想も多かったが、支持が高かったのは、零が授業中にもかかわらず、教師の制止を振り切ってキラを連れ出すシーン。

舞台挨拶にて、同シーンに出演している稲葉友や窪田も胸キュンしたと明かしていたが「学生っぽくてドキッとした」「これぞ青春! って感じでした」と羨望のこもったコメントが多く寄せられていた。

零の視点でキラを包むか? キラに感情移入し零の優しさと愛に触れるか? それとも牧生か? スクリーンの中の純愛にどっぷりと浸かってみては?