「万引き癖のつく子ども」に育ってしまう親のNG言動3つ

写真拡大

純真無垢な少年少女時代を過ごしていると思っていたら、突然我が子が万引きをしている事実が発覚。あなたはそんなとき、どうしますか?

「まさか……そんなことあるはずがない!」それは親の幻想かもしれません。

普通の家庭に育っている子どもが万引きを犯す、その背景にあるものは何なのでしょうか?

今回は、NPO法人ファザーリング・ジャパンの理事である村上誠さんに伺った、“万引き癖のつく子どもに育ってしまう”親のNG言動を3つご紹介します。

 

■NG1:子どもに無関心または過干渉

親がネグレクト(子どもに無関心)であることは、子どもが親の関心を自分に向けようとして、犯罪に手を染める可能性が高くなります。

しかし、ベクトルが真逆である“過干渉”も子どもが罪を犯すことに繋がる可能性があります。親が子どもを支配下におこうとすると、絶対的な存在である親のもと、子どもは親の価値観でしかものごとの判断ができなくなります。

しかし大人になると社会をベースにして考えていかなければなりませんので、親以外の価値観を知る必要があるのです。

通常であれば、子どもが自立していく過程でその機会を得られるはずなのですが、過干渉な親は自分のもとから子どもを手離すことができず、社会規範の土台がない状態で成長してしまいます。

近年ですと、アルバイト先で冷蔵庫に入った画像をTwitterでアップするなど、常識では考えられないようなニュースが話題になりましたが、これらの問題も、自分が社会とどう繋がっているか理解できていない例といえます。

価値基準が親と自分だけで、社会でどう評価されるかという経験が乏しいため、万引きなど、常識から逸脱した行為を平然とするようになるのです。

 

■NG2:抑圧し過ぎる

しつけのために「こうあるべき」と厳格に育て、子どもにハメをはずす隙を与えないことも、犯罪へ走ってしまう可能性を高めます。

もちろん、社会の規範を教えることは親の役目であり大切なことなのですが、それが子どもにとって過度な抑圧になると、ストレスのはけ口として万引きやいじめの引き金になることがあります。

そうならないために、ただ「正しいこと」を教えるだけでなく、子どもの話に耳を傾け気持ちを汲み取ってあげることを心がけたいところです。

親が子どもの気持ちや言いたいことを受け取ることができると、子どもには“自分の気持ちを抑えなくていいんだ”という安心感が生まれます。そうなると、自分で考え行動することができるようになりますので、善悪の判断基準も育ちます。

『WooRis』の過去記事「過干渉が子どもの人生をダメにする“毒親”特有のNGフレーズ3つ」でもお伝えしたように、子どものうちは少しくらいハメをはずさせた方が、その境界を身をもって体験させることができ、大人になって逸脱した行為を行うことはないでしょう。

 

■NG3:関係性が希薄

ネグレクトにならずとも、両親が忙しすぎて子どもをあまり構えない状況も、子どもが犯罪に手を染めやすくなります。

「悪いこと」だとわかっていてやってしまう行為は、満たされない気持ちが根底にあります。

親から愛されているという感覚が薄いと、「かまってほしい」「満たされない」という感情を抱き、その感情が万引きに走らせてしまうのです。これは“試し行動”と言われるもので、自分が受け入れられているか親の愛情を探るために、わざと困らせるようなことをやるのです。

親としては愛情を与えているつもりでも、子どもがそう受け取っていない場合は、いくら注意したところで根底が解決しない限り、万引きを繰り返してしまうのです。

前述したように、子どもの気持ちを汲み取り共感することで、子どもは親からの愛情を感じ安定するようになります。子どもの心を満たしてあげられるのは、ほかでもない親なのです。

 

いかがでしたでしょうか? 親と子どもの距離感は、成長過程に応じて親が上手にバランスをとっていってあげたいものです。

また、地域の希薄化により社会との繋がりも積極的にとっていかなければならない現代ですから、子どもにその機会を与えていくのも親の役割といっていいのではないでしょうか。

とはいえ手綱を引いてばかりにならないよう、くれぐれもご注意くださいね。

(ライター 沖田かへ)

 

【取材協力】

※ 村上誠・・・NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。1971年生まれ。結婚と同時に実両親と同居、妻、父、長男(06生)、次男(12生)の5人家族。母が要介護となったのを機に、自身のワークライフバランスを見直し、家事、育児と介護のダブルケア、不妊治療、妻の産後職場復帰・両立・キャリア支援のためにも兼業主夫となる。父親の育児・家事参画、夫婦関係、祖父母の孫育て、地域の子育て支援など幅広い家族 ・育児テーマを取り扱う。

 

【関連記事】

※ 3位タバコや2位暴力よりも!「子どもの前でやめてほしい夫の言動」1位は

※ ポイントは「●●を高める」!我が子を万引き犯にしないためのコツ2つ

※ ゆがんで育ってしまう、思春期の子どもに「毒親」がやりがちなNG言動3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 日焼け止めだけじゃダメ!『メディパラソル』で内側から紫外線をケア

※ 短期間で-8kgも夢じゃない!? 夏前の裏ワザダイエット

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 「まぶしすぎるママ雑誌」と現実では決定的に異なるポイント4つ

※ ほうれい線よサラバ!「顔ヨガ」でたるみ撃退&キュッと小顔に

 

【画像】

※ Halfpoint / PIXTA(ピクスタ)