結婚できるアラサー女子はここが違う!男性がグッとくる瞬間3つ

写真拡大

どんなに結婚したくても、世の中にはアラサー独女に関するネガティブな情報がたくさん。結婚どころか彼氏が出来ずに悩んでいたりと、アラサー独女には恋愛・結婚に悩んでいる人が多いように感じられます。

そんな中でも、すんなり彼氏が出来てゴールインしたアラサー独女も。結婚できた女性と結婚できない女性には違いがあるのでしょうか。アラサー独女と結婚した男性に聞いてみました。

◆イベントはいらない!ダラダラ何時間も一緒に過ごせた

「結婚すると、生活を共にするようになりますよね。休日に二人で何かすることもなく、一緒の部屋でダラダラ何時間も過ごせた女性に居心地の良さを感じて、結婚しても良いかなと思った。毎回の休日ごとにどこかに連れて行ってと言われるのは、楽しいけれど、結婚は『生活』だから、『イベント』が多い恋愛ばかりだと、結婚は遠のくかも」(29歳/飲食)

結婚はゴールではないと考える人にとって、結婚相手に求める条件は、一緒に生活してもストレスを感じないかになってくるのかもしれませんね。

◆一緒なら乗り越えられる!辛いとき精神面で支えてくれた

「仕事が上手くいかない時、毎晩のように彼女に愚痴をこぼしていたのですが、その話を一生懸命文句も言わずに聞いてくれました。そして、毎日彼女なりのアドバイスもしてくれて、すっごい精神面で支えになりました。今後辛いことがあっても、彼女と一緒なら何でも乗り越えられるなと思って、彼女との結婚を決意しました」(36歳/営業)

結婚したいと思われる女性は、精神面で支えてくれる人が選ばれているようです。「私だって仕事辛いんだから!」など、自分も大変だというアピールは極力しないように。

iStock_63012339_SMALL

◆将来設計もカンペキ!金銭管理をしっかりしてくれた

「夢だった起業が失敗してしまい、貯金も尽きて家賃も払えなくなったときに、彼女が経済的援助をしてくれました。その後、自分が就職してからも、また起業できるようにお金のことを一緒に考えてくれたり、二人の将来のために貯金してくれてたりしたので、『こんなに自分を想ってくれている人を不幸にしてはいけない、今度は自分が彼女を支えよう』と思い結婚を決めました」(29歳/IT)

パートナーが辛いとき、経済面でも助け合える関係を築くのも、結婚できる女性の特徴のひとつなのかもしれません。自分だけでなく、二人の将来のことを考えてお金の管理ができていると、結婚に近づくのかもしれません。

男性たちの意見を聞いてみると、落ち込んでいても見捨てず、一緒に慌てずしっかり支えてくれることが大切なようでした。それは、大きな愛で男性を受け止めるだけの「女の器の大きさ」が必要ということかもしれません。パートナーに対して最良のケアが出来る女性を目指しましょう。