AT&T、「ありがとう」で訴えられる

写真拡大

「THANKYOU」(ありがとう)を商標登録している大手銀行シティグループが、商標侵害でAT & Tを提訴した。「thanks」と「AT & T THANKS」というフレーズを不当にマーケティングに用いた、というのが理由だ。

「AT&T、「ありがとう」で訴えられる」の写真・リンク付きの記事はこちら

「THANKYOU」(ありがとう)を商標登録している銀行大手のシティグループが、大手テック企業AT & Tを商標侵害で提訴した。シティグループは連邦裁判所に訴訟を起こし、AT & Tの「不法行為」は不当な商標権侵害にあたると主張している。

6月10日(米国時間)にニューヨーク連邦裁判所に提出されたシティグループの訴状(PDF)には次のようにある。

シティグループは長年にわたり、カスタマー・ロイヤルティやインセンティヴのプログラムと関連して、「THANKYOU」「CITI THANKYOU」「CITIBUSINESS THANKYOU」「THANKYOU FROM CITI」「THANKYOU YOUR WAY」などの、「THANKYOU」で構成される商標、および「THANKYOU」を含む商標(「サンキューマーク」と総称する)を使用してきた。

シティグループは訴状で、AT & Tは新しいマーケティングキャンペーン(PDF)においてシティグループの知的財産を侵害した、としている。このマーケティング・キャンペーンは、AT & Tがブランドの提携をしたシティグループのクレジットカード「AT & Tユニヴァーサルカード」に関連するものだ。

AT & Tは「thanks」と「AT & T THANKS」というフレーズを、不当にマーケティングに用いているとシティグループは主張する。訴状によると、これは「消費者を混乱させる可能性が高く、商標権の侵害、出どころの虚偽記載、およびシティグループの権利を侵害した不当競争を構成する」という。

AT & Tは2016年4月、シティグループに対抗するかたちで「AT & T THANKS」を商標出願(PDF)。シティグループは訴状で、提案された商標が「シティグループの『サンキューマーク』に紛らわしいほど似ている」と述べ、この商標の拒絶を望んでいるという。

シティグループが「サンキューマーク」と呼んでいるものに関する商標登録の証明書と商標出願書類のコピーはこちら(PDF)。