初戦のイタリア戦に臨むアザール「最大限の敬意を持っている」

写真拡大

▽ベルギー代表は13日、ユーロ2016グループE第1節でイタリア代表と対戦する。ベルギー代表のキャプテンを務めるMFエデン・アザールが大会の初戦に向けた意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ユーロ2016予選グループBを首位で通過したベルギーは、本大会でイタリア、スウェーデン、アイルランドと同居した。前日会見に出席したアザールは、イタリアとの初戦が重要だとコメント。一方でスウェーデンやアイルランドを過小評価してはいけないと語った。

「おそらく、一番重要な試合は初戦のイタリア戦だ。この試合で負けるようなことになれば、その時点で大きなプレッシャーを受けることになる。クオリティなどを見ても、僕らとイタリアがグループを引っ張る存在だと思われているね。でもスウェーデンやアイルランドを過小評価してはいけない」

「初戦でイタリアと対戦する。彼らは非常に守備が堅いチームだ。打ち破ってゴールを奪わなければいけない。ブッフォンは素晴らしいキャプテンであり、偉大な選手だ。彼だけでなく、イタリアに対しては最大限の敬意を持っているよ」

▽またアザールは本大会についてもコメント。ベルギーを優勝候補とする声もあるが、アザールは優勝候補の筆頭ではないとコメント。それでもタイトルを獲得するだけの力は備わっていると強調した。

「優勝候補の筆頭と言われているけれど、僕らよりも良いチームが数カ国あるね。ただ、僕らも狙えるチームだと思っている。各ポジションに素晴らしい選手がいるからね。守備陣ではコンパニがいない。でも彼に代わって招集された選手だっでベストプレーヤーのひとりなんだ」