話題の「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」を食べたら抹茶のある国に生まれたことを心から感謝した

写真拡大

お抹茶の研究をしているというTwitterユーザー・抹茶きな子さん(@GreenkinaTEA)が「モチモチ!!つるんとして弾力があるンマわらび」として紹介し15,000以上のリツイートと28,000以上のお気に入り登録をされたサークルKサンクスの新作スイーツ「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」。
あまりに長いネーミングに気合いを感じたので食べてみましたよ!

【関連:ヤバイもの扱いの『うなぎコーラ』飲んでみた】

「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」パッケージ
「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」中身

その名の通り抹茶の粉がたっぷりかけられたわらび餅の中に黒蜜が入ったスイーツ。購入後冷蔵庫でしばらく冷やしてから食べましたが、つるんとした食感と黒蜜のほどよい甘さ、そして抹茶の上品な香りが口から鼻に抜けて「抹茶のある国に生まれてよかった……」となりました。めちゃくちゃ美味しいです。

コンビニスイーツと言えば豪快なシュークリームや大味のケーキが多いイメージが強いですが、最近はどこも若い女性の購買層をターゲットに繊細なスイーツをつくってファンをゲットしにかかっているようです。
このわらび餅はまさに甘すぎたり大味なスイーツに飽きたコンビニユーザーたちがこぞって買い求めそうな美味しさを秘めています。

お値段は税込みで230円。カロリーは1つ200kcal。甘いものが苦手な男性にもぜひぜひ食べてもらいたいスイーツですよ!

黒蜜を包んだ抹茶わらび餅「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」

▼参考
抹茶きな子さん(@GreenkinaTEA

(文:大路実歩子)