スペインの自動車メーカー、セアトのコンパクトハッチバック『イビザ』の次世代型プロトタイプをキャッチしました。

1

次世代型では、モジュール化されたプラットフォーム「MQB Aゼロ」を採用しますが、これはフォルクスワーゲンの次期「ポロ」にも採用されるため、ポロとは兄弟車ということになります。

エクステリア・デザインは2015年のジュネーブモーターショーで公開されたセアト「20V20」から影響を多く受けているといい、これは今後登場が噂されるイビザ「クロスオーバー」にも影響しそうです。

パワートレインは1リットル3気筒及び4気筒モデルがラインナップされる予定で、2016年秋以降のワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)

VW・ポロ次期型と兄弟車に。セアト・イビーザ次世代型を捕捉(http://clicccar.com/2016/06/13/377790/)