12日、米フロリダ州オーランドで米国史上最悪となる銃乱射事件が発生した。米メディアによると、このほど発表された「2016年世界平和指数」で米国の平和度は世界103位と指摘されている。写真は地球儀。

写真拡大

2016年6月12日、米フロリダ州オーランドで米国史上最悪となる銃乱射事件が発生した。50人が死亡し、容疑者は過激派組織「イスラム国(IS)」に傾倒していたと伝えられている。米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトが9日付で掲載した記事によると、このほど発表された「2016年世界平和指数」で米国の平和度は世界103位と指摘されている。

発表によると、15年に暴力によって生じた経済損失は13兆6000億ドル(約1445兆円)に達し、世界の国内総生産(GDP)全体の13.3%を占めた。テロリストによる襲撃は過去最悪レベルとなり、難民の数は戦後最多を記録したという。ただ、「中東地域で衝突が増えたものの、世界の他の地域は改善」とも指摘した。

同指数が対象国163カ国の中で「最も平和」と結論付けたのはアイスランド。日本は9位で、何の紛争にも巻き込まれていない国は世界で10カ国だけだ。南シナ海問題で周辺国との緊張が高まる中国は中レベルの120位だった。(翻訳・編集/野谷)