ラリー・ペイジは「空飛ぶクルマ」を実現できるか

写真拡大

グーグルの共同創業者ラリー・ペイジが、「空飛ぶクルマ」を開発する新興企業2社に投資していると報じられた。同様の試作品を発表してきた他社の動向を紹介。

「ラリー・ペイジは「空飛ぶクルマ」を実現できるか」の写真・リンク付きの記事はこちら

『ブルームバーグ』は6月9日付けで、グーグルの共同創業者ラリー・ペイジが、「空飛ぶクルマ」を開発する新興企業2社、Zee.AeroとKitty Hawkに個人的に投資していると報じた

両社はほとんど情報を公開していないが、元従業員の報告や特許申請書類、カリフォルニア州にあるホリスター市営空港での目撃者の説明によると、垂直離着陸が可能な小型旅客機に取り組んでいるようだ。

Zee.Aeroはホリスター市営空港でいくつかの試作機の飛行テストを行っているが、おそらく電気モーターを使用しているらしく、「離陸するときには空襲警報のような音がする」と『ブルームバーグ』は書いている(Zee.Aeroは垂直離着陸が可能な小型旅客機の特許を2013年8月に取得済みで、2012年にはグーグル本社近くで同特許に近い機体も撮影されている)。

40年以上前から垂直離着陸機を手がけているMoller(日本語版記事)のような草分け的な古参企業がある一方で、Terrafugia(日本語版記事)やAeromobil(日本語版記事)のような最近登場した新興企業もある(以下の動画は、2014年10月に公開された「Aeromobil3.0」の公式動画)。

Mollerなどの垂直離着陸機はエンジンを利用しているが、Zee.Aeroはおそらく電気モーターを利用しているとみられている。電気飛行機の開発は各社が進めており、2015年7月には、エアバスによる2人乗り電気飛行機「Eファン」(E-fan)が英仏海峡を横断したと報道された(74km離れた海峡の対岸にある空港まで、所要時間38分間で到着した)。

電気モーターはジェットエンジンよりも小型で軽量なうえに、はるかに単純だ。ドローンの激増は、ソフトウェアのおかげでアマチュアでも不格好な形状の無人機をうまく飛ばせることを示す証拠となっている。

ちなみに自律型有人ドローンを開発する中国の企業EHangは2016年6月、ネヴァダ州でのフライト試験を許可された(日本語版記事)。人間1人を上空500mまで運び、Google Mapで示すことのできるあらゆる地点へ自動飛行できるというドローンだ。23分のバッテリー制限のなかで、自動的に障害物を回避し、安全に離陸と着陸を行うという。