胎児のころからお母さんの影響を受けている?

写真拡大

米カイザーパーマネンテ医療研究センターの、テレサ・ヒリアー博士をはじめとする研究グループは、妊娠中に過体重や高血糖だった母親から生まれた子ども、出産時は正常でも、10年以内に肥満になるリスクが高くなるとした研究結果を発表した。

これまでの研究で、妊娠中の母親が過体重や高血糖だった場合、生まれてくる子どもも高血糖や過体重の状態で生まれる可能性を示唆する結果が出ているが、正常体重で生まれた子どもに、長期的な影響があるかどうかは検証されていなかった。

研究では、1995〜2003年の間に生まれた子どもとその母親2万4141組のデータを解析。母親は妊娠中の体重と血糖値を、子供は2〜10歳までの身長、体重、BMIを測定している。

その結果、すべての子どもは、誕生時に正常体重範囲内(2500〜4000グラム)となっていたが、妊娠中に母親の食後血糖値が1デシリットル中180ミリグラム以上となっていた場合、正常値だった母親から生まれた子どもに比べ、10歳までに過体重や肥満になるリスクが30%高くなっていた。

さらに、母親の体重が妊娠中に18キログラム以上増加していた場合、10歳までに過体重になるリスクが、18キログラム以下の増加にとどまった母親から生まれた子供に比べ、15%高くなっていたという。調査結果は、子どもの食事内容や運動量、生活環境などの条件を調整したうえで分析されている。

ヒリアー博士は、10年後でも子どもに影響が現れる理由について、正確なメカニズムは不明としつつ、「胎児のころにグルコース値が高い環境(母親の胎内)にいたことで、過剰摂食になりやすい体質となっているのではないか」と推測している。

発表は、2016年5月6日、産科・小児看護分野の専門誌「Maternal and Child Health Journal」オンライン版に掲載された。

参考文献
Impact of Maternal Glucose and Gestational Weight Gain on Child Obesity over the First Decade of Life in Normal Birth Weight Infants.
DOI: 10.1007/s10995-016-1955-7 PMID:27154523

(Aging Style)