12日、中国の若手俳優ドン・ヅージエンが、米ニューヨーク・タイムズ紙で、1990年代生まれの注目俳優として紹介された。写真はドン・ヅージエン。

写真拡大

2016年6月12日、中国の若手俳優ドン・ヅージエン(董子健)が、米ニューヨーク・タイムズ紙で、1990年代生まれの注目俳優として紹介された。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

93年生まれで現在22歳のドン・ヅージエンは、若手演技派として注目の存在。デビュー作となった映画「青春派」(14年)で頭角を現し、第16回上海国際映画祭のメディア大賞を受賞。昨年、鬼才ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の「山河故人」で、カンヌ国際映画祭の男優賞にノミネートされた。当時、仏テレビ局「Canal+」では独占インタビューを行い、ドン・ヅージエンは流ちょうな英語でやり取りして話題になった。

ニューヨーク・タイムズはこのほど、「90年代生まれのドン・ヅージエンに今の中国映画を聞く」という内容で、注目の俳優を紹介。女優チャン・ツィイー(章子怡)や映画監督フォン・シャオガン(馮小剛)らに続き、90年代生まれとしては初めてニューヨーク・タイムズに紹介された中国の映画人となった。

自分が世界的に注目されていることについてドン・ヅージエン自身は、シャオ・ヤン(肖洋)やトン・ジンシュー(藤井樹)といった若手の監督や脚本家に恵まれたことが、「とてもラッキーだった」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)