ズバリ! 働く女子の年収はいくら?

写真拡大

正規雇用で働くアラサー女性たちは、年収をいくらもらっているのでしょうか。多いにこしたことはないですが、実態はどうなんでしょうか。仕事内容と自分の今の年収金額について満足している、していないのか、その理由も聞いてみました。

Q.あなたの年収(手取り)を教えてください。

200万円未満:19.1%
200万円以上250万円未満:23.5%
250万円以上300万円未満:17.15%
300万円以上350万円未満:17.6%
350万円以上400万円未満:11.25%
400万円以上450万円未満:4.9%
450万円以上500万円未満:2.45%
500万円以上550万円未満:0.95%
550万円以上600万円未満:0.45%
600万円以上650万円未満:0.45%
650万円以上700万円未満:0.45%
700万円以上1000万円未満:0%
1000万円以上:1.45%
※四捨五入により100%とならない場合があります

年収手取り金額が一番多かったのが200万円以上250万円未満の23.5%でした。年収が400万円未満が全体の88.6%を占めており、うち200万円以下が19.1%と約2割近くという結果でした。
※参考:男性の年収手取り金額は、250万円以上450万円未満の範囲に約56.6%。

Q.今の給料は仕事内容に見合っていると思いますか?

見合っている、適正だと思う:42.15%
仕事内容に比べて給料が高いと思う:5.35%
仕事内容に比べて給料が安いと思う:52.45%

半数以上の女性社員は、仕事内容に対して給料は安いと感じています。給料が高いと思っているのは全体のわずか約5%ほどで、適正だと思っている女性社員は約42%でした。

■仕事内容と給料が見合っていない不満の理由

・「15万円未満/残業代もつかないのに、残業が多いから」(32歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「15〜20万円/専任の人と比べると同じような仕事内容なのにお給料が違いすぎます」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「15〜20万円/役職と一般職で給料が大して変わらないから」(29歳/医療・福祉/専門職(医療・福祉系等))

・「40万円以上/残業代がつかないため、きちんと給料に反映されていないから」(29歳/医療・福祉/専門職(医療・福祉系等))

「残業代が付かない」「専門職なのに評価されていない」という理由が多く、仕事内容に対して年収350万円では安いと思っているようです。中には年収1000万円でも、残業代が付かないのは不満という女性もおり、働いているのに給料がもらえないのは理不尽と考えています。

■仕事内容と給料が見合っているからまあまあ満足

・「20〜25万円/他の仕事をしたことがないため、よくわからない」(34歳/その他/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「15万円未満/業務が少なく、残業もないため」(27歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「20〜25万円/身体的疲労は軽いが精神的疲労は大きい。金額的には見合っている途中思う」(34歳/通信/販売職・サービス系)

・「15〜20万円/残業もほぼなく、自由度が高いから」(29歳/その他/営業職)

「よくわからない」「理由がない」という声も聞かれましたが、やはりポイントは「残業」のようです。残業がないから、仕事が少ないから、お給料が安くても仕方ない…という声が多く、仕事を沢山こなしていて高収入なので満足という声はほとんど聞けませんでした。

■まとめ

仕事内容に対しての年収金額に半数以上の働く女性は、不満をもっています。理由はそれぞれですが、実際の金額に関係なく、残業や仕事で拘束されている時間への給料が払われていないことにあるようです。年収に納得しているという人も、自分の働きではこの程度で仕方ないと思っているようです。残業時間がないという人は、スキルアップのためにその時間を当てて、自分を評価してくれる会社に転職を考えてもいいのではないでしょうか。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日〜5月29日
調査人数:204人(25歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)