12日、台湾の男性歌手Biiのサインイベントで、集まったファンに対して何者かが爆竹がを投げ込んだことで、その場は一時騒然となった。写真はBii。

写真拡大

2016年6月12日、台湾の男性歌手Bii(ビー・シュージン/畢書盡)のサインイベントで、集まったファンに対して何者かが爆竹がを投げ込んだことで、その場は一時騒然となった。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

12日、台北市内の繁華街・西門街で、人気歌手のBiiがニューアルバムのPRとサイン会を兼ねたイベントを開催。会場には1000人を超えるファンが集まっていたが、そこに付近のビル上階から投げ込まれたと思われる爆竹が落下。1人がやけどを負い、よけようとした2人が転倒して病院に搬送された。

このほど米女性歌手がコンサート会場でファンの男に銃撃され、命を落とした事件が世界中を驚かせたばかり。このため会場は一時騒然となった。警察の発表によると、会場一帯は人通りの多い場所だけに、犯人を特定できていないという。

同日夜、Biiはフェイスブック上で騒ぎについて触れ、「何の罪もない僕のファンに、どうしてこんなことをするんだ」と怒りを見せている。また、イベントには日本や香港、東南アジア各国からもファンが来ていたため、「台湾は治安がよく、こんなことが起こるのは少ないのに。心配させたファンのご家族にも本当に申し訳ない」と謝罪。また、警察が爆竹に残った指紋から捜査していることについて、「何とか早く犯人を見つけてほしい」と書き記している。(翻訳・編集/Mathilda)