アニメやバラエティなど、24チャンネルを常時無料で観ることができる
「動画元年」と言われる今年。サイバーエージェントの「AbemaTV」がネット動画業界に殴りこみをかけ、「Hulu」などの定額制動画サービスや、重鎮のYouTubeやニコニコ動画が迎え撃つ……そんな“群雄割拠”の様相を呈している。フリージャーナリストの西田宗千佳氏が各サービスの現状を解説する。

「見るべきポイントは、各サービスの視聴者層や利用シーンのすみ分けです。例えばYouTubeは10代の子に人気で、オモシロ動画やMVなどに強い。一方で、あまり時間がなくお金に余裕がある大人は、海外ドラマなど質の高いコンテンツを提供する定額制サービスをよく利用している。ニコニコ動画はマニアックな層に人気ですし、そういったオタク的なノリが合わない層は、ファッショナブルなLINE LIVEを観ていますね。そんななかでAbemaTVは、テレビのように『ザッピングしながらなんとなく視聴する』という需要をうまく汲み取っています」

 こういったユーザー需要が分散することによって「どこかのサービスが一気に伸びて、他を駆逐する」という状況は生まれづらくなっているようだ。では、このサービスの乱立はユーザーにどんなメリットを生み出すのか?

「期待したいのは、競争による番組クオリティの上昇ですね。例えば、アメリカでは定額制サービス発のドラマのクオリティが高くなり、アワードを受賞するレベルになっています。日本でもこれから“地上波ではないこと”を生かしたコンテンツがどんどん登場してくるでしょう。どのネット動画も力を入れますから、そうなると楽しい半面、ユーザーのスマホのパケット消費がさらに増えますね(笑)」

<文/HBO取材班>