米ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ全長370キロメートルの高速鉄道建設に向け、米国企業のエクスプレスウエスト(XpressWest)社はこのほど、協力関係にあった中国企業の中鉄国際集団との提携を「打ち切る」と発表した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 米ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ全長370キロメートルの高速鉄道建設に向け、米国企業のエクスプレスウエスト(XpressWest)社はこのほど、協力関係にあった中国企業の中鉄国際集団との提携を「打ち切る」と発表した。

 エクスプレスウエスト社の発表に対し、中国では怒りや動揺の声が上がっているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国高速鉄道を切り捨てた米国企業の選択肢」について考察する記事を掲載した。

 記事は、エクスプレスウエスト社の発表に対し、「一方的」と批判したうえで、中国企業との提携打ち切りの理由について「高速鉄道車両などは米国内で製造する必要があるため」だと指摘。この条件に中国高速鉄道は合致しなかったため、提携打ち切りとなったと伝えた。

 続けて、米国側が中国との協業を打ち切ったことで、「選択肢は中国以外の高速鉄道を作れる国」に絞られたことになると指摘し、ドイツのシーメンスやフランスのアルストム、日本の川崎重工などが候補として浮上することになると主張した。一方、シーメンスの場合は製品の質の高さは文句なしだが、価格の高さがネックになると主張し、米国側の条件を考えればコストが合わないはずだと主張した。

 さらに、アルストムについては「韓国高速鉄道のKTXもアルストムの技術が採用されている」と伝える一方、近年は高速鉄道輸出のおいて目立った実績を挙げられていないと主張した。

 また記事は、日本の新幹線について「中国が高速鉄道の輸出を検討している国であれば、どこでも邪魔をしてくる」と主張し、ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ全長370キロメートルの高速鉄道計画についても中国が切り捨てられた今、「日本が後釜を狙ってくるはずだ」と主張した。また、日本と米国の同盟関係を考慮すれば、同高速鉄道計画が進めば、実際に受注するのは日本となる可能性が高いと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)