米Amazon、単体の音楽ストリーミングサービスを開始か。月額9.99ドル、Apple MusicやSpotifyらと競合

写真拡大

米Amazonがこの夏もしくは秋ごろ、新たに単独の音楽ストリーミングサービスを開始すべく準備中と報じられています。

現在、Amazonはプライム会員向けサービスのひとつとして音楽ストリーミングサービスPrime Musicを提供中ですが、新たなサービスは月額9.99ドルで誰でも利用可能な、Apple MusicやSpotify等と同等の音楽ストリーミングサービスになるとのこと。注目は、新たなサービスがPrime Musicとは別の音楽カタログを取り揃えるべく、各レーベルと調整中と伝えられるところ。これはPrime Musicの品揃えに不満のあるユーザーなら、期待がかかるところかもしれません。

また米AmazonはiPhoneのSiriのような音声アシスタントAlexaを搭載し、天気予報や交通情報、スケジュール通知、スマート家電の操作、Amazonでの日用品のオーダーまで可能な多機能スピーカーEchoを販売しています。こもちろん新たな音楽ストリーミングサービスとも連携するとされており、サービス開始にともなうEchoスピーカーの販売拡大も見込まれています。

ただ、米国ではAmazonがプライムサービスを年額99ドル、約1万円強で提供しているのに対し、日本ではプライムサービスが会員数の拡大を最優先にしているのか、年額3900円、月額換算では325円という破格の設定になっています。さらに、日本ではEchoもまだ発売されていないことを考えると、日本でもアマゾンが単体の音楽ストリーミングサービスを提供する可能性は(少なくとも現在のところは)低いかもしれません。

ちなみに米Amazonは4月、プライムサービスに月額制プランを導入、プライム会員以外にも月額8.99ドルでプライム・ビデオサービスを提供すると発表しています。こちらも日本展開の話はまだありません。