たった5分で梅雨の朝の憂鬱を吹き飛ばす方法

写真拡大

どんよりとした雲が空を覆う梅雨の時期。まして月曜の朝なんて、気分が下がり気味。

太陽に当たらないと、幸せや調子を左右する成分「セロトニン」が出にくいため、うつうつとしたり、不眠や自律神経の不調になりやすいのだそう。

そんなときには、自分でケアできるタイ式ヨガ「ルーシーダットン」がおすすめです。

セロトニンを増やす方法

サロン「癒癒の風」の高尾美穂さんによると、

呼吸を意識しながら、かんたんな運動を5分以上同時に行っているとだんだんとセロトニンが出てくる

とのこと。

かんたんな運動なので、ウォーキングなどでいいそうですが、集中することがポイントだそう。

もともと、このルーシーダットンは厳しい修行で崩した体調を整えるために開発されたもの。5分以上続けていることで、「交感神経」と「副交感神経」のバランスが整い、セルフケアに繋がります。

「なんだか調子が悪いな」「今日はだるいな」と感じたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2012年6月に公開されたものを再編集しています。

Photo via Visual hunt