左から小林豊、河北麻友子、水野勝

写真拡大

鈴木由美子の大ヒットコミックを、河北麻友子主演で20年ぶりに映像化したテレビドラマの劇場版『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』。この作品が6月11日に公開初日を迎え、同日シネマート新宿にて行われた初日舞台挨拶に河北麻友子、水野勝(BOYS AND MEN)、小林豊(BOYS AND MEN)、久松郁実、上野優華、吉原雅斗(BOYS AND MEN)、久万真路監督が登壇した。

『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』河北麻友子インタビュー

主人公でセレブ令嬢の白鳥麗子を演じた河北は、この日は作品の世界観そのままに、総額1000万円以上するブルガリの高級ジュエリーを身にまとって登場! さらにスリットから美脚が見え隠れする黒のドレスはベルサーチ、靴はルブタンというラグジュアリーなコーディネートで会場を圧倒!

「みなさんに早く見てほしいという気持ちでいっぱい。今回、演じた麗子は、自分と共通点が多すぎて、それを話していたら時間がなくなりそう。でも、麗子は料理がヘタですが、私はちゃんと料理をします。得意料理は、ナスのおひたし。この映画はドラマからスケールアップしていて、麗子のお嬢様ぶりもレベルアップしています。結婚式のシーンもあるので、ウェディングドレス姿にも注目してください」と話した。

その麗子と同棲中の恋人・秋本哲也役を演じた水野は「とても人気がある原作ですし、出演できて光栄です。ただ20年ぶりの映像化なので、まったく新しいものになる期待がありました。麗子みたいな女性は……スーパーポジティブ過ぎて、振り回されるのが大変そう」と苦笑い。

麗子に政略結婚を持ちかける御曹司・桐生希一役に扮した小林は「クールでカッコイイ役柄を演じられたことが嬉しい。普段の自分に似ていて、いや、すごくギャップがあるので、撮影中は河北さんから『どっちが本当の小林くんなの?』と言われていました。ぜひ、ギャップを楽しんでください」と語った。

また、舞台挨拶では司会から河北に対し「恋人の秋本と、新たに出会う御曹司の桐生のどちらがタイプか?」という問い掛けも。本人を目の前にして、さぞかし答えにくいかと思いきや、意外にも河北は「桐生さんがいいです。てっちゃん(哲也)はチャライから嫌い」と即答! まさかのダメ出しに水野は「悔しいですけど、きっとみなさんもそう思っているはず(笑)。でも、映画は見とけよ! しっかり名誉挽回しています」とドラマとは違う“脱チャラ男”ぶりをアピールしていた。

【関連記事】
[動画]『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』河北麻友子インタビュー
[動画]『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』予告編
ピンクのCA姿で登場した河北麻友子、飛行機内でナンパされた過去明かす
バイリンガル女優の河北麻友子、共演してみたいのはジョニー・デップと渡辺謙