寝転んで足を伸ばすだけの下腹引き締めエクササイズ

写真拡大

 下腹ポッコリが気になる季節。そんなときはお腹を引き締める簡単エクササイズで解消しちゃいましょう。

「お腹を引き締めようとすると、多くの人が腹筋運動をやりますよね。でも、その方法は主に腹筋の上部、つまり肋骨の下あたりに効果があるもので、肝心の下腹の筋肉にはあまり刺激が入らないのです」

 こう教えてくれるのは、筋トレやダイエットに詳しいフィットネスライター。では、下腹ポッコリにはどんな運動が効果的なのでしょうか?

「床に座ったら、上半身を斜め後ろに傾けて、肘を直角に曲げて前腕全体で体を支えます。そこから両足を持ち上げて膝を90度にしてください。あとはゆっくりと片脚ずつ、階段を上るときのように伸ばしていくだけです。脚に力を入れる必要もありません」(前出・フィットネスライター)

 この時、自転車をこぐように回さないのがコツなのだとか。やってみると確かにお腹の下に力が入って、筋肉が締まるのがわかります!

「1セットは左右交互に10回繰り返します。一回に3セットが目安ですが、辛く感じたり途中で出来なくなったりするのであれば、無理することはありません」(前出・フィットネスライター)

 気がついた時や空き時間に何気なくやるだけでも、十分に効果があるのだそうです。また、脚の血行も良くなるので、むくみの改善にも役立つそうです。時間も場所も選ばず、簡単にできるので、ぜひ、今日から試してみてはどうでしょうか。