「世界で評判のいい製薬会社」ランキング、1位はバイエル

写真拡大

多くの業界と同じように製薬業界でも、革新的で責任ある行動をとり、一般に世のためにいいと思われる企業は顧客の後押しを受け、調子が上向くものだ。最近、先進国の人々が大手製薬会社についてどう感じているかを点数で表したランキングが発表された。

ランキングを作成したのは、ボストンに拠点を置くコンサルタント会社レピュテ―ション・インスティテュート(RI)。同社では97年の創業以来、顧客の企業に対して、世界各地のさまざまな市場の顧客の間での企業の評判を測定し、また向上させる方法についての戦略や洞察を提供している。

RIでは毎年、世界で最も評判のいい企業のランキングを作成。各企業について尊敬、信頼、称賛、そして一般の人々が7つのカテゴリー(製品&サービス、革新、職場、ガバナンス、市民としての行動、リーダーシップ、パフォーマンス)について企業に抱いている感情を考慮した上で、RepTrak Pulseと呼ばれるスコアを導き出す。

2016年第1四半期に中国、アメリカ、ブラジル、ドイツ、インドなど15か国でオンライン世論調査を実施し、回答で得られた23,000以上の格付けを元にランキング化した結果、バイエルが1位に輝いた。ドイツに拠点を置く同社は、リーダーシップ、パフォーマンス、職場、製品&サービスのカテゴリーで最高評価を獲得した。そのほかの3つのカテゴリーである、市民としての行動、ガバナンスとイノベーションは、総合3位のノボノルディスクが最も評価された。

2位はシカゴに本社を置くアボットラボラトリーズ。どのカテゴリーでも最高評価の獲得はなかったが、全体のスコアがノボノルディスクを上回った。

ランキング作成にあたって、RIでは幾つかのトレンドに気づいた。その一つは、より高所得の回答者の方が、製薬企業全般についてより好意的な見方をする傾向にあったということだ。低所得の回答者が各企業につけたスコアの平均は63.2、中間所得層が68.0だったのに対し、高所得者は71.4だった。ちなみに2016年の全体的な平均スコアは67.6で、2015年の65.7をやや上回った。

製薬各社が気に留めるべきは、回答者が企業の特定の一面については十分な知識を持っていない、あるいははっきりした評価を下していない傾向があることだ。 調査によれば、回答者の12%は評価対象企業の総合的なパフォーマンスについて知らない、または特定の意見を持っていなかった。11%は企業の市民としての行動(大義の促進や環境保護など)について知らないと答え、14%は企業の職場について一切の知識がなかった。

調査結果の発表にあたってRIは、企業の評判がいいと、人々がその企業の製品を他人に勧める傾向がいかに強まり得るかを強調する。製薬企業の場合、RepTrak Pulseスコアが5ポイント上昇すると、調査回答者がその企業の製品を他人に勧める可能性が8.5%高くなるという。

RIのランキングで最も評判のいい製薬会社トップ12は以下のとおり。

1. バイエル(ドイツ)
2. アボットラボラトリーズ(アメリカ)
3. ノボノルディスク(デンマーク)
4. ロシュ(スイス)
5. メルク(アメリカ)
6. サノフィ(フランス)
7. アラガン(アメリカ)
8. アストラゼネカ(イギリス)
9. イーライリリー(アメリカ)
10. アッヴィ(アメリカ)
11. グラクソスミスクライン(イギリス)
12. ノバルティス(スイス)