日本と違い、中国ではまだゴミの分別が浸透していない。分別は大事なことである一方で、非常に面倒なことでもあり、日本のような徹底した分別を見ると中国人は「変態的」とさえ感じるという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と違い、中国ではまだゴミの分別が浸透していない。分別は大事なことである一方で、非常に面倒なことでもあり、日本のような徹底した分別を見ると中国人は「変態的」とさえ感じるという。中国メディアの全球節能環保網はこのほど、「日韓のゴミの分別はクレイジー」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、韓国ドラマでゴミ捨てにわざわざ出かける場面を見て衝撃を受けたという自身のエピソードを紹介。韓国に留学している友人を訪ねて、「韓国のゴミ捨て文化」もいかに厳しいかを知ったという。大雑把だったという中国人留学生が神経質なほど細かくゴミを分別するようになっていたのだ。ほかにも、分別の違反者には罰金が科せられ、「もっとおかしい」ことにゴミ捨ての時間も決められている、と韓国のゴミの捨て方を紹介した。

 こうした話を聞くと、中国人は韓国のゴミ捨て文化ですら「変態的」と感じると主張する一方、韓国以上に厳格に実施している日本のゴミ分別は「中国人を激怒させるレベル」と主張。日本のゴミ分別は韓国以上に細かいからだという。

 例えば、ペットボトルは中身を空にして洗い、キャップとラベル、そして本体を分けてそれぞれ「プラスチック製容器包装」と「缶・びん・ペットボトル」に分けて出す徹底ぶりだと紹介。そこまで徹底しているにもかかわらず、日本人は面倒とは感じず「子どもですら分別している」と紹介し、日本人の意識の高さに感服しきりの様子だ。

 中国では見られない徹底したゴミの分別。その理由について記事は、中国人は「自分が面倒なことをするのが嫌」なのに対し、日本人は「他人に面倒をかけるのが嫌」なので、余分な仕事を進んですると分析。きれいであることは誰でも好きだが、自分は努力したくないと考えるのが中国人のようだ。

 記事は結びに、中国で進まないゴミ分別を制度のせいにするのではなく、まずは自分からこれまでの習慣を改めるべきだと呼びかけているが、日本のような分別ができるようになる日はまだまだ遠そうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)