中国国家宇宙局月探査・宇宙プロジェクトセンターの劉トン傑副センター長によると、中国は2018年5月末か6月初めに嫦娥4号を発射。月の裏側の南極エイトケン盆地探査を行なう。写真は月探査機「嫦娥3号」が撮影した月面の写真。

写真拡大

中国国家宇宙局月探査・宇宙プロジェクトセンターの劉トン傑副センター長によると、中国は2018年5月末か6月初めに嫦娥4号の中継衛星を発射するとともに、約半年後に嫦娥4号の着陸機と月面車を月の裏側の南極「エイトケン盆地」に着陸させ、巡視探査を行なうという。40億年以上静寂を保ってきた月の裏側に人類の探査機が初めて着陸することになる。新華社が伝えた。

月の裏側は独特な環境で、複雑な地質史を持つ。米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)はすでに月の裏側の探査計画を立てている。特にESAは系統的な探査提案書を提出しており、2025年に打ち上げを行なう計画だ。(提供/人民網日本語版・編集NA)