保護猫ちゃんたちに超癒される! 里親も可能「東京キャットガーディアン」に行ってきた

写真拡大

膨大なストレスを抱え、もうダメー! かわいい動物に癒されたい! そう何もかも投げ出したくなったとき、猫カフェに駆け込んでほっと一息つく方もいるかもしれません。

【写真30枚】まさに癒しの空間!「東京キャットガーディアン」のにゃんこたちを写真で見る

しかし、ごく一般的な商業猫カフェだけでなく、保護猫が譲渡対象となっている「保護猫カフェ」で癒されるという手もあるんです。

面談を受ければ猫の里親にもなれる保護猫カフェ

東京都豊島区、JR大塚駅から徒歩5分のところにあるNPO法人東京キャットガーディアン(TCG)には、行政(動物愛護センターや保健所)や民間から引き取られ、里親を待っている猫たちが常に70〜100頭います。

TCGは猫の保護・譲渡活動の他、地域猫の不妊去勢手術、猫の飼い方講座のセミナーや、かわいい猫写真を撮るための一眼レフ教室、猫カフェを運営したい人向けの猫カフェスクール、保護猫と一緒に暮らせる猫付きマンションや猫付きシェアハウスの運営まで、活動は多岐にわたっています。

保護猫カフェ(開放型シェルター)の入り口で募金箱に好きな額の寄付金を入れれば、普通の猫カフェのように猫ちゃんたちとくつろいだり、一緒に遊んだりすることができるんです。時間制限は特にありませんが、混んできたら新しいお客さんに譲る配慮を。

ちなみに、寄付の額は1,000円だと子猫のご飯5日分+猫砂2週間分になるので、迷った際は目安にしてください。猫の里親にはなれないけど、保護猫たちのために何かをしたいという方は、猫に会いに来るだけで、保護猫たちを助けることにつながります。

猫の里親になりたい場合は、事前に面談を申込み、無事里親として認められれば猫ちゃんを引き取る事も可。

TCGでは2016年5月に猫の総譲渡数が5,000頭を越えました。実は、そのなかの1匹が、筆者が飼っている猫でもあります。

今回は、そんなTCGの猫ちゃんたちの様子を、写真たっぷりでお届けいたします。

猫のメンバーが入れ替わるので、毎回違う子に会える

商業猫カフェの猫たちは、一生涯猫カフェで暮らします。しかし、TCGの猫たちは、誰かが里親にもらわれ、また新たに違う猫が入ってきてと、常に入れ替わりがあるので、行くたびに違う子に会えます。

多くの猫好きさんがやって来るので、とても人懐っこかったり、好奇心旺盛な子もいたりするんです。(猫ちゃんの性格は様々なので、なかには部屋の隅でじっとしている子もいます)

ほら、さっそく筆者の荷物に興味を示して近付いてきました。

そして、指を舐めてくれて……

膝の上でくつろぎはじめました。初対面の人間にここまで心を許してくれるなんて、最高に癒されます……!

こちらにはスタイリッシュな黒猫さん。

筆者の鞄の中をのぞき込んでいます。

もふもふ猫さん。「えっ、写真撮るの?」

「まぁいいけど……寝るわ」 ありがとうございます!

フロアに出ている猫とケージに入っている猫がいますが、時間制で入れ替わります。

中二階のフロアの天井はガラス張り。さんさんと太陽が降り注ぎ、猫ちゃんたちもうれしそうです。

廊下には、作家さんたちの猫作品がずらり。こちらの売り上げの一部も、保護猫たちのために使われます。

今は子猫シーズン!

春から夏にかけては、子猫が生まれる季節。ケージの中にかわいいちびっこを発見! 君は天使か!

また、こちらは今回特別に見せていただいた、離乳したばかりの子猫。ミューミュー元気に鳴いていました。

純血種の猫の多い商業猫カフェにも魅力はありますが、TCGの猫さんたちもきっと、猫好きさんたちの心を鷲掴みするはずです。ぜひ、癒しを補充しに行ってみてくださいね。

東京キャットガーディアン

大塚シェルター

東京都豊島区南大塚3-50-1

オープン時間
平日14:00〜20:00
土日祝日13:00〜20:00
定休:火曜日

西国分寺シェルター

東京都府中市武蔵台3-43-9

オープン時間
平日14:00〜20:00
土日祝日13:00〜20:00
定休:火曜日