ラム肉とアスパラガスのジンギスカン風ピラフ

写真拡大

昨年11月にグランドオープンした「ホテル日航立川 東京」では、6月4日(土)から7月3日(日)までの期間、1階「All Day Dining 紗灯」にて「北海道グルメフェア」を開催する。北海道新幹線が待望の開業を果たし、夏の旅行シーズンに向けてますます注目を集める、北海道の旬の味が大集合する。

【写真を見る】時鮭のちゃんちゃん焼き風

今回のフェアでは、ホテル総料理長が現地を訪問し、北海道の豊富な海の幸、雄大な大地の幸など、自らが厳選した魅力あふれる食材を使用した、期間限定のメニューを提供してくれる。

登場するメニューは、ランチに「北海道中札内田舎鶏と季節野菜のスープカレー」(1680円)、「ラム肉とアスパラガスのジンギスカン風ピラフ」(1680円)。ディナーには「雲丹の和風カルボナーラ」(1800円)、「焼きズワイガニ特製かにみそソース」(3900円)、「時鮭のちゃんちゃん焼き風」(2300円)、「知床牛のサーロインステーキ北海道産山わさびの香る和風ソース」(8000円)など、絢爛豪華な北の美食が満載だ。

また、当該フェア期間中には、併催イベントとして「北海道グルメフェア ブッフェナイト」を2日間限定にて開催。ズワイガニやいくら丼、北海道産ビーフのローストや十勝名物の豚丼、ジンギスカンコーナーなど、北海道の味覚を心ゆくまで楽しめる。

夏旅行シーズン到来直前の東京で、一足早く北海道の夏の食を満喫したい。【東京ウォーカー】