頼れるドナーはブタとなるか(写真はイメージ)

写真拡大

厚生労働省は、2016年5月27日、これまで禁止していた、動物の臓器や細胞を人に移植する「異種間移植」を、条件を満たせば容認する方針であると発表した。「異種間移植」は、臓器不足の解消につながることが期待されている、異なる種の間でおこなう臓器移植。

人に動物の臓器を移植した場合、強い拒絶反応と機能不全が起こるが、今年3月、大塚製薬がブタのすい臓から取り出した、インスリンを分泌する細胞をマイクロカプセルに包み、移植する「マイクロカプセル化ブタ膵島細胞移植」を開発。国外で1型糖尿病患者に移植し、拒絶反応や感染症も起きず、血糖値が改善したことを確認している。

カプセル化した細胞は、長期間安定してインスリンを分泌するため、1型糖尿病患者は定期的なインスリン注射の負担から解放される可能性もある。

海外では、同様の技術を利用した移植手術が、すでに治療に取り入れられている例もあるが、国内では、ブタの遺伝子に組み込まれているウイルスに感染する可能性が高く、除去も難しいとされ、異種間移植は実施されていなかった。

しかし、海外の研究発表や手術結果で、このウイルスが人や霊長類に感染した例はないとする報告が相次いでいることをうけ、厚労省は移植手術の指針を見直し、ブタの細胞を移植する異種間移植を容認する方針を決めた。

手術実施にあたっては、移植した患者を定期的に検査する、移植記録を30年間保管することが条件。国内の大学や研究機関は、早ければ3年後にも、1型糖尿病の患者への移植を実施する予定だという。

(Aging Style)